祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時をDVDで借りて観ました。

 

東野圭吾さんの作品です。

 

 

dfltweb1.onamae.com – このドメインはお名前.comで取得されています。

 

以前に、本で読んだこともあったのですが、映画だとどうなるのか興味津々でした。

 

ただ、最初の方はどんな内容だったっけなぁ…

って感じでしたけどw

 

 

【登場人物】

加賀恭一郎(阿部寛)

浅居博美(松嶋菜々子)

松宮修平(溝端淳平)

浅居博美の父(小日向文世)

 

 

【あらすじ】

アパートで押谷道子という40代の女性の遺体が発見

 

新小岩で発生したホームレスの焼死体の件と関連性があるのでは?

 

捜査をしていくうちに、押谷道子と同級生だった浅居博美という存在にたどり着く

なんと浅居博美は加賀刑事と知り合いだった。

 

カレンダーに月ごとに書き込まれた橋の名前を見つけて、加賀恭一郎が何かにピンとくる

 

 

【所感】

今回ちょいとあらすじを書いて見たけど、個人的にも内容を振り返れて良かったかなと。

 

 

加賀恭一郎シリーズは全部で10作品あるみたいで、今回はその完結編だそうで。

 

加賀恭一郎シリーズだと、麒麟の翼か赤い指が好きやったなぁ。

 

 

今回の話は切ないっすね。

 

実の親子にもかかわらず、近くにいるのに、面と向かって会えないなんて、、

 

あんまり書くとネタバレになりそうなので、ここら辺で留めておいて。

 

なんとなく今回のテーマは親子の絆なのかなと思う。

 

ただ、父の方は子を思う気持ちは十分に伝わってきたけど、その過程がちょっとなぁ、、

 

 

個人的には、映画よりも本で読んだ時の方が感動できたかな。

 

ただ、両方ともに面白くて良かったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント