瀬尾まいこ/そして、バトンは渡された

読書感想文

瀬尾まいこさんの「そして、バトンは渡された」を読み終えました。

 

 

瀬尾まいこさんの作品は「あと少し、もう少し」に続いて2作品目の読了です。

 

タイトルからしてもそうやし、前に読んだ「あと少し、もう少し」と関係あるのかなと思ったりでマラソン系の話かなと思ったけどそうじゃないみたい。

 

 

冒頭の「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった」という文言から家族構成でのリレーってことなんでしょうかね?

 

てか、なかなか破天荒な予感!

 

主な登場人物

優子:主人公。高校生で複雑な家族形態を経験してるわりにはぐれずに素直に育っている。しかも物分かりもよさそうで大人な性格をしている。個人的には惚れてしまいそうです。

 

森宮:いま、優子が一緒に住んでいるお父さん。といっても優子が17歳に対して森宮さんは37歳と若い!不器用ではあるけど、思いやりのある良さそうなパパ。ただ、ちょっと変わってる人かも。

 

梨花:優子にとっての2代目のお母さん。どうやらきれいな人らしい。

 

早瀬:若くして優子と結婚を決意したイケメン。生き方もなかなかイケメンなやつ。

 

所感

う~ん、、、めっちゃおもろいやん!

 

小学生時代からの回想録と現時点の高校時代の生活のことを交互に綴って書いてるわけですが、それが絶妙にかみ合ってて読みやすかったです。

 

家族構成というか家族構成の変遷が複雑な背景があるだけに、悲観的な内容で、そうであっても前を向いて頑張っていこう!

 

みたいな感じではなくて、そこらへんはむしろサバサバしていて、物語の主人公である優子はその時その時をむしろ楽しく過ごしてるイメージを受けました。

 

そこらへんに共感を覚えました。

 

こういうポジティブ?な姿勢は読んでて楽しくなります。

 

 

まあ、そうはいっても辛いこととかは本当はあったんやろうけど、その分、人には経験できないこともたくさん経験できたんやろうし、そのことが優子の人間としての魅力が増していってるんやと思います。

 

そりゃ自分も優子に惚れてしまいそうになりますよっ!

 

優子の結婚が決まってからの森宮さんの態度がまたいじらしいというか面白い!

 

梨花さんもそうやけど、優子はいろんな人と家族になってったわけやけど、どの人もなんかすごくいい人ばっかりなような気がします。

 

晴れ晴れした終わり方で良かったです!

 

コメント

  1. るう//なんじゃコリャクリエーター♪ より:

    はじめまして。
    Twitterから、ココに来ました。
    私は瀬尾まいこさんの物語が好きです。
    学校の先生という事もあり、学生が主人公の作品が多く、そして家族の在り方について考えさせられる著書。
    ここ何年か、ある事情で本が読めず瀬尾まいこさんの作品を拝読していなかったので、感想文とても興味深かったです。
    本って、ええですよね。
    色んな世界に連れて行ってくれる。
    想像を膨らませたり、わくわくさせてもくれる。
    また本が読めるようになりたいな。